« February 2005 | Main | April 2005 »

2005.03.27

無政府主義的DVD

sokabe熱いぜ曽我部!
興奮がビンビン伝わるライブDVD。
汗とか飛んできそう。

私が行ったクアトロは、後半の盛り上がりがすごかったけど、DVDの高松もそれは同じ、
むしろクアトロ以上。

「ぼくは君の事好きだよ。きみはぼくの事が好きかい?」
から始まる新曲
「きみの愛だけがぼくのハートをこわす」は、
曽我部史上最高の直球ストレートラブソング。
ライブで聴いてから、私のハートをこわしまくっていたので
DVDで観ることができて感無量・・・。

でも、やはりサニーデイ時代の曲はいい。
96粒の涙、青春狂走曲、ここで逢いましょう。
私がまだあの頃から抜け出せていないからかしら?

ビールのおいしいお供ができました。
曽我部とダブルオーにかんぱーい!!

2005.03.23

さよなら港

ふくらはぎが筋肉痛で、普通に歩くのも一苦労。
というのも、月曜日にソウルフラワーユニオンのライブでさんざん踊ったから。
昔は、ライブの翌日に筋肉痛になっていたのにな。
今では日をおいて痛み出すようになってきた。
・・・悲しや。

3分の1位が新曲だった今回のライブは全体的に聴かせる感じ。
中川のMCも冴える冴える。
やはり3ヶ月に一度はこの人の唄としゃべりを聞かないと。

ブラジルへ行く彼女も一緒に行ったので、
「さよなら港」が始まった瞬間は飛び上がって喜んだね。

今年の夏は大きなフェスにも出るらしい。
大きいフェスってやっぱり新潟の??
ソウルフラワーって、野外フェスがほんとに似合うバンドだと思う。

苗場でのソウルフラワー見たい!
4年前のグリーンステージ大トリは夢のような空間だった。
今年はヘブンだといいなあ。


I've Got A Friend

泣かないように、
とか言いながら、結局は泣いてしまったなあ。
彼女のバスが出発してから・・・。

その後、見送ったメンバーで彼女の門出を祝って乾杯。地球屋にて。
一年前には考えられない組み合わせ。
これも彼女が作ってくれた輪。

歩いて帰る途中、彼女の家の側を通ってうるうる。
・・・私は何度この道を通ったんだろう。
家の前に着いてうるうる。
・・・彼女は何回うちに来てくれたんだろう。
家に入って、壁に貼ってある彼女の写真を見てうるうる。
・・・楽しかったなあ。

ほんとは、めでたい事だから泣かなくていいのに、やっぱり寂しい。

で、数年前の同じような別れの場面を思い返す。

京都でしょっちゅう遊んでたサークルの友達が京都を発つ日。
京都駅で彼女を送った後、人目もはばからず泣いた。
で、彼女が京都にいなくても頑張ろうと思った。

その彼女との関係は今も穏やかに続いていて、今の私がいる。

人の出会いと別れなんてそんなものだ。

大切な人が側を離れ、また大切な人ができる。
側を離れても大切な人は大切なまま。

今日、京都を発った彼女が蒔いてくれたたくさんの種。
それを大切に育てようと思う。

そんな時期なんだな、3月ってのは。


 
 

2005.03.22

贈る言葉

自分の中で3月最大行事。
4月からブラジルへ行く友達の送別会があった。

「送別会をするので来て下さい」、といろんな人に声をかけたら30人近くあつまり、
改めて、いかに彼女が周りの人に愛されているかを実感した。

会社の人も、大学の人も、よく行くお店の店員さんもみんなごっちゃ混ぜ。
彼女がとても温かい人なので、来てくれた人もみんな温かい人ばかりだった。
とても穏やかで楽しい時間。

24ページのウエカワ君と、バイオリニストのひとみちゃんが彼女のために演奏してくれた。
みーんな、聴き入ってた。
とても贅沢な時間だったよ。ほんとありがとう。

最後にみんなでアーチを作って送ってあげたんだけど(二人組で向かい合って)、
会社の人と大学の人とか、その日初めて会った人同士が
アーチを作っているのを見てすごくぐっときた。
彼女の友達はみな友達なんだ。

彼女の笑顔、みんなの笑顔。
あの場所にいる人、みーんな笑ってたなあ。
みんな彼女が大好きなんだ。
私ももちろん。

そんな彼女は明日京都を発つ。
絶対泣かないように、最後は笑って見送ります。

2005.03.17

きのした

image0317京都にはたくさんの喫茶店がある。

タンゴ喫茶。
ジャズ喫茶。
美輪明宏的喫茶。
ドーナツが食べたいのにいつも売り切れ喫茶。
などなど・・・。


その中で、
私的に「サンドが1番おいしい喫茶店」が「きのした」。

半熟卵焼きとイギリスのチーズがはさんであるこのサンド。
口に入れると、その卵とチーズがとろっとはみ出る。
軽く焼いてあるパンも厚すぎない。

京都で、ここのサンドよりおいしいサンドを、私は食べた事がありません。
目の前で淹れてくれるコーヒーももちろん美味。
週刊新潮や文春など、普段読みたいけど買わない雑誌が置いてあるのも嬉しい。

外壁の文字もとてもかわいい。

文句なしの喫茶店です。

2005.03.16

いい女

お客さんがいなくなった深夜のバーで。

旅立つあの子へとバーテンさんがギターを弾いて歌ってくれた。

いい女
Stand by me
サヨナラCOLER

私は泣きそうになったよ。
隣にいた本人も多分胸がいっぱいだったと思う。

このバーも、
バーがあるこの駅付近も。
たくさんの思い出があるね。

もうすぐ来る別れはサヨナラじゃないけど、
サヨナラから始まることがたくさんあるので、
今は、どんなふうに彼女を送るかを考えようと思います。


2005.03.14

Greatful Days

大学時代のサークルの飲み会。

遠くは東京や長崎から。

大学時代の思い出はほとんどがバスケットで、
そこで出会った人達といろんな思いを共有できました。
試合で勝った喜び、負けた悔しさ、その他もろもろ。

だから、飲みながら
「みんな好きやわあ」としみじみ泣きそうになる。

何年たっても、みんなが元気で
大学の時みたいに騒げるのは幸せなことだ。

ドラゴンアッシュは普段聴かないけど、
カラオケで聴くといい曲たくさんあるね。


2005.03.12

The sheep

いつからか集まるようになって。
お酒を一緒に飲むようになって。
いろんな話をするようになって。
で、そこに集まる人が未年だったから、
「シープやん!」って名前になって。

去年はクリスマスソングを作ったので、
今年はいろんな歌ができたら、と思います。

何も疑わずに、おいしいお酒が飲めるって素敵ね。

2005.03.11

You've Got A Friend

Winter, spring, summer, or fall
All you have to do is call.
And I'll be there.
You've got a friend.

すごく仲良くしてもらっている友達がもうすぐ京都を離れます。
京都を離れて、日本の裏のブラジルへ。

その子の事を考えながらお酒を飲むと、
いろんな思いが湧いてきて、その対処に困ります。

なので、私の気持をキャロルキングに代弁してもらいました。

最後はこの歌を歌ってあげよう。

2005.03.09

花のようなもの

社内に新設された課に配属になった先輩にいい話を聞きました。

私が「大変ですねえ」と声をかけると。

その先輩は、
「今は我慢の時期やな。
 俺はよく花に例えるんやけども。
 花って種を蒔いて、水をやって大切に育てるやろ。
 そうして最後にきれいな花が咲く。
 それが自然の摂理。
 人間の世界も一緒。
 だから、大切に育む時間が大事なんや。
 最初からきれいな花は咲かへんよ」 とおっしゃいました。

沁みました。

「育む」ってすごく素敵な言葉で、
生きていく上で大切にしなければならない事だと気付かされました。

まあ、私の
「きれいに咲いてる花が欲しいんですけど・・・」という発言は
瞬時に却下されましたが。


2005.03.08

I caught a cold.

周りでは風邪が流行っている。

私もその波に乗って風邪引き中。
2週間くらいずっと調子が悪い。
鼻がぐずぐず・・・。咳ごほごほ・・・。

風邪が治らない原因。

1.飲みに誘われる、もしくは一人でも体と心がビールを欲する
2.「私風邪だから・・・」と悩む
3.一杯だけならいいか
4.麻痺してしんどくなくなる
5.もう一杯飲む
6.朝、前日の酒を後悔する

2週間この繰り返し。
このブログもグリーンラベルを飲みながら。
ちょっとは勉強しろよ、自分。

翌日しんどいと分かっていても飲んでしまうお酒。
こわいね。
お酒にかわるストレス発散方法を見つけたいものです。

2005.03.07

どんな二次会に?

結婚式の二次会で幹事をすることになって
その友達夫婦の家で鍋をご馳走になる。
二次会の計画という名目で。

やはり、二次会の話題は全体の2割位で
後は飲んで語っていたな。

でも、酔っ払った意識の中
「絶対いい二次会にしたんねん!」と決意を新たにする。

ほとんどの人にとって結婚式が一生で一回なら
その二次会も一生に一回。
なので、金婚式を迎えた時でも思い出せるような日にしたい。

場所はどこに?
中身はどんな感じで?

考えると妙に緊張するな。
頑張ります。

2005.03.03

プラスの波について

ふと思うこと。

最近、ライブやDVDやCDで触れた音楽。

the miceteeth
Limited Express(has gone?)
24ページ
your song is good

ジャンル分けをすれば、それぞれ全然違うんだけども
観てて、聴いててすごくワクワクする。
さっきあったいやな事もけろっと忘れて思わず楽しくなる。

なんでかなあ、と思ったら、
多分、音楽やってる人達が楽しそうだからなんだよなあ。
その楽しそうな波がこっちに伝わって、私も楽しくなる。

思えば、世の中なんて全部そうなのかも。
笑ってる人を見れば、私も笑いたくなるし、
怒ってる人を見れば、私も怒りたくなるかもしれない。
まあ、怒らないとしても、いい気分にはならないな。

だから、自分が笑えば相手も笑ってくれる気がする。
周りの人にはずっと笑っていて欲しいので、できるだけ笑っていようと思います。

注)変な本読んでないよ。

« February 2005 | Main | April 2005 »

July 2015
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ